出版案内

売れる本のつくりかた ベストセラー・ヒット企画を生み出す発想のヒント

売れる本のつくりかた

ベストセラー・ヒット企画を生み出す発想のヒント

  • ISBN978-4-89610-069-3
  • 植田 康夫 著
  • 四六変判・200頁
  • 2005年12月12日発売

  • 『売れる本 100のヒント』〜ヒット企画はこうして生まれた〜の第2弾
  • パブリシティ情報
  • ◆新聞で紹介されています!
    2006.01.27 週間読書人「十五年に及ぶ連載の成果」

内容

  • なぜあの本は売れるのか?
  • 2000年から2005年の話題作の中から59作品の裏舞台を紹介。人気の著者による作品ではなくても、編集者の発想や仕掛けによって生まれた『話題の本』を、企画の背景から売れ行きまで徹底レポート!
  • 出版取次会社の(株)トーハンが書店向けに発行している「トーハン週報」の好評連載「話題の本・ヒット企画の背景」の単行本化。

目次

  • ●第1章<2005年>
    ・「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」
    ・「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」
    ・「頭がいい人、悪い人の話し方」
    ・「問題な日本語」 等々
  • ●第2章<2004年>
    ・「電車男」
    ・「Good Luck」
    ・「川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル・大人の音読ドリル」
    ・「13歳のハローワーク」 等々
  • ●第3章<2003年>
    ・「世界の中心で、愛をさけぶ」
    ・「バカの壁」
    ・「女は男のどこを見ているか」
    ・「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」 等々
  • ●第4章<2002年>
    ・「図解「儲け」のカラクリ」
    ・「生きかた上手」
    ・「ビック・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」
    ・「世界がもし100人の村だったら」 等々
  • ●第5章<2001年>
    ・「声に出して読みたい日本語」
    ・「十二番目の天使」
    ・「チーズはどこへ消えた?」
    ・「金持ち父さん 貧乏父さん」 等々
  • ●第6章<2000年>
    ・「話を聞かない男、地図が読めない女」
    ・「君ならできる」 等々

著者紹介

  • 植田康夫(うえだ やすお)
    1939年広島県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。62年より「週刊読書人」の編集に携わり、82年に編集長を務め、現取締役・編集主幹。上智大学文学部新聞学科教授としてマスコミ研究の傍ら、新聞・雑誌にも出版論等を多数執筆。日本出版学会会長。
    <主著>
    「現代マスコミ・スター」(文研出版)、「編集者になるには」(ぺりかん社)、「メディアの狩人」(花曜社)、「ベストセラー考現学」、「売れる本100のヒント」(メディアパル)