出版案内

ロスプリベンション 失われた利益を取りもどせ

ロスプリベンション

失われた利益を取りもどせ

  • ISBN978-4-89610-071-6 C0034
  • 山内 三郎 著
  • 四六判・204頁
  • 2005年 8月31日発売

  • 稼いだそばからお金が逃げていく
  • パブリシティ情報
  • ◆新聞で紹介されています!
    2005.07.04 産経新聞 特集「ベンチャー企業・ニュービジネス-開拓者-」
    2005.10.06 日本経済新聞(夕刊)第1面「そこまでやるか」
    2005.11 毎日新聞「日常の不安−万引き−」
    2005.11.21 フジサンケイ ビジネスアイ「倉義巳が行く独創の現場」

内容

  • 急成長するドラッグストア『アイダドラッグ』の御曹司にして、跡取り修行中の相田翔一は、店舗数の拡大により売上は伸びているのに利益が付いてきていない事実に直面する―。「万引き」「社内不正」「伝票管理の不徹底」など小売業の利益を圧迫するロス原因を徹底カイゼンし、高収益企業復活へと導くビジネスサクセスストーリー。

目次

  • はじめに ・・・ロスプリベンションとは―
    第1章 社長に呼ばれる―数字の管理
    第2章 あるきっかけ―利益圧迫の原因
    第3章 プロジェクトの立ち上げ―在庫の検証
    第4章 発覚―社内不正とその対処
    第5章 再始動―人材教育とマニュアル整備
    第6章 浸透化に向けて―万引き対策1
    第7章 具体的実践―万引き対策2
    第8章 劇的な変化―高収益体制へ!

著者紹介

  • 1965年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、富士通鰍ノ入社。同社退職後、広告代理店、警備会社を経てベンチャー企業的な活動を展開、各種ビジネスモデルコンテストで次々と入賞を果す。2000年、「小売業の商品ロス削減」をテーマにしたコンサルティング会社、潟潟eールサポートを設立。主にドラッグストア、ホームセンター・書店など小売業向けに具体策を提案、ベンチャー企業の経営者として会社経営に力を尽くす一方で、「ロスプリベンション」を普及させるために講演会・セミナー講師・執筆活動なども精力的にこなす。