出版案内

リボーンの森 FOREST OF REBORN

リボーンの森

FOREST OF REBORN

  • ISBN978-4-89610-076-1 C0095
  • 岩永嘉弘・冨川真 著
  • 建築大好き塾 企画・監修
  • B6判・並製・230頁
  • 2006年 8月 3日発売

  • 椎の巨木、ブランコ、一人の少女との出会い…新しく生まれ変わった森とともに、僕たちもそれぞれの世界に巣立っていく―。建築のエキスパートたちが贈る、かつて類のない「新少年小説」の誕生。
  • パブリシティ情報
  • ◆新聞で紹介されています!
    2006.09.09 朝日小学生新聞「新刊ガイド」
    2006.09.02 東京新聞(夕刊)「かつて類のない新少年小説」
    2006.08.25 中日新聞(伊勢志摩版)「大王町を舞台に小説」
    2006.08.18 新聞之新聞「リボーンの森」刊行
    2006.08.15 読売新聞(夕刊)「読書と出版」
    2006.08.15 日本経済新聞(夕刊)「若者よ 建築士を目指せ」

内容

  • 「リボーン(REBORN)」=「再生」・・・・・・。
  • 僕らは9歳のとき、大きな椎の木の森で出会った。その森で僕らは絵を描いたり、植物を育てたり、時には探検をして、好きなことをして過ごしていた。そしてアンチャンとの出会い・・・・・・。受験、就職、町を離れた僕たちだけど、いつもあの森の椎の木が僕らの心の中心にあったように思う。甲子園が大好きだった僕がなんとなく今の道を見つけられたのは、森の日々があったから・・・・・・。
  • 三重県志摩市大王町を舞台に、森の秘密基地で出会った小学3年生の少年少女4人が、人との出会いを通して冒険やさまざまな事件に遭遇しながら成長し、それぞれの世界に巣立っていく感動的な青春物語。志摩の自然を背景に、4人の子どもたちは友情や夢、自然との関わりあいなど、学校では学べない大切なものを学んでいく。「朝の読書」の時間に読む最適な1冊。

目次

  • 1 はじまりは甲子園
    2 少女との出会い
    3 ホームラン
    4 幼い記憶
    5 冒険
    6 悪夢の夜
    7 再開
    8 自然に生きる
    9 あの島へ
    明日を築く君たちへ〜
    『建築大好き塾』からのメッセージ

読者対象

  • 小学校高学年から中高生

著者紹介

  • 岩永嘉弘・冨川真(いわながよしひろ・とみかわまこと)
    ネーミングの第一人者として活躍をする「ロックスカンパニー」の主筆とチーフライター。ネーミングの作品に「JAL悟空」「Bunkamuraオーチャードホール」「JRイオカード」「日立からまん棒」など。おもな著書に『極めことば』(KKベストセラーズ)『「売れるネーミング」の成功法則』(同文館出版)『こころを射るキャッチフレーズの秘密 コピーの虎!』(秀和システム)『少年記』(アディン書房)『真夜中のプレゼンテーション』(PHP研究所)などの小説も執筆している。

企画・監修

  • 特定非営利活動法人(NPO)建築大好き塾
    21世紀の豊かな住環境、都市環境とそれを支える建築・設計・技術の向上を目指して設立。メンバーは早稲田大学の建築学科の卒業生を中心とした建築エキスパートたち。調査・研究を受託する傍ら、若い世代(中・高校生)に“ものづくりの楽しさや建築の面白さ”を伝えるため、学校やイベントに出かけ、講演や授業を行うなど、建築や都市環境への興味や好奇心を喚起する様々な活動をおこなっている。本書はそれらの副読本のつもりで企画された。