出版案内

宇宙連詩

宇宙連詩

  • ISBN978-4-89610-086-0 C0095
  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 監修
  • A5判・上製・128頁
  • 2008年 9月24日発売

  • 国境や文化、世代を超えて世界中に広められてきた宇宙航空研究開発機構(JAXA)のプロジェクト「宇宙連詩」。宇宙を舞台に、寄稿と一般公募による詩をつなげ完成させた全24詩からなる「宇宙連詩」をカラーの美しい宇宙写真とともに紹介。宇宙飛行士はじめ各国の詩人など豪華メンバーが寄稿している宇宙連詩の魅力を完全収録。
  • パブリシティ情報
  • ◆新聞で紹介されました!
    2009.04.20 読売新聞(夕刊)「世界天文年で関連本続々」
    2008.11.30 西日本新聞「書評」

目次

  • 【1】宇宙連詩 星があるの巻
    【2】「きぼう」って?「連詩」って?
    【3】旅する連詩・・・・・・・・・・・・・・・大岡 信
    【4】宇宙空間での詩人の対話・・・谷川 俊太郎×野村 喜和夫
    【5】はじまりの物語・・・・・・・・・・・山中 勉
    【6】いのちのリレーを謳おう・・・的川 泰宣
    【あとがきにかえて】 連詩からつらなる・・・・・・・・・北川 フラム

本文「はじまりの物語」より一部紹介

  • 今、私たちが生きている宇宙は、創世より約137億年目にあたるといわれています。地球の誕生からは約46億年目。生命の始まりは約40億年前の小さなバクテリアでした。その頼りない命が、40億年をかけて今に続いています。私たちは、気が遠くなるような長い時間の中で「今」という時を「生きている」のです。
  • 空間と時間の広がりの感覚を失いがちな現在の私たち。一人ひとりの「今ここで生きている」を、ビックバンの奇跡から始まる宇宙の壮大なつながりの中で、確認してみる。宇宙連詩はそんな役割も、これから担っていくように感じます。
  • お詫びと訂正
  • 本文中に表記の誤りがございました。
    P35 背景画像の解説
    誤) 第24詩「ウンズ・オブ・サイレンス」
    正) 第24詩「サウンズ・オブ・サイレンス」
    画像提供の大西悟様(太陽企画株式会社)、ならびに読者の皆様にご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫びし、訂正いたします。(2008.09)