出版案内

30%の幸せ 内海隆一郎作品集

30%の幸せ

内海隆一郎作品集

  • ISBN978-4-89610-091-4 C0093
  • 内海隆一郎 著
  • 四六判・上製・224頁
  • 2008年 2月20日発売

  • 短編の名手、内海隆一郎のベスト作品集。
  • 【選定図書】に選ばれました!
  • 日本図書館協会 【選定図書】に選ばれました!
  • パブリシティ情報
  • ◆新聞で紹介されました!
    2008.03.15 岩手日報「ぬくもりある短編集」

内容

  • 短編の名手、内海隆一郎の心あたたまるタッチで描く「人びとシリーズ」は12冊に単行本化され、単行本未収録作品を含めると300編を超える。その中から20編を厳選し収録したベスト作品集。
  • 市井の人びとのなにげない日常をみつめるやさしいまなざし・・・。渇いた心にしみわたり、切なくて、時に涙を誘われ、そして心あたたまる。味わい深く心に染みる珠玉の20編。

目次

  • ●相棒
    ●残されたフィルム
    ●窓からの挨拶
    ●瀬の音
    ●連れあい
    ●パズルのかけら
    ●花束
    ●雨傘
    ●玄関の明かり
    ●天ぷらそば
    ●たずねびと
    ●約束
    ●小さな手袋
    ●じゃがいも畑
    ●月の匂い
    ●林を抜けて
    ●彼の故郷
    ●再会
    ●芋ようかん
    ●欅の木
    あとがき 30%の幸せ

著者プロフィール

  • 内海 隆一郎(うつみ りゅういちろう)
  • 1937年生まれ。岩手県出身。立教大学卒業後、出版社勤務。1969年「雪洞にて」で文學界新人賞受賞。著書に『金色の棺』『丹塗りのぽっくり』(筑摩書房)『人びとの季節』『みんなの木かげ』(PHP研究所)『望郷 サウダーデ』(光文社)『地の蛍』(徳間書店)ほか多数。『鮭を見に』(文藝春秋)『欅通りの人びと』(講談社)『家族の肖像』(新潮社)など多くの作品がテレビドラマ化されている。本書は市井の人を描いた一連の「人びとシリーズ」からのセレクション。
  • ⇒【内海隆一郎の本棚】ホームページ

あとがき 30%の幸せより一部紹介

  • 人は、つらいことが多いほど、嬉しいことには敏感になれる。いっぺんに幸せになることができなくとも、ほんの少しずつなら何度も幸せになっていられる。
  • 誰もが、ずっと昔から、そのように自らを励まして生きてきたのだ。