出版案内

ちょっとだけパンツをはいてとなりのトイレに行きました

ちょっとだけパンツをはいてとなりのトイレに行きました

  • ISBN978-4-89610-727-2 C0095
  • 小椋貴子先生と子どもたち 著
  • フロネーシス桜蔭社 発行
  • 四六変判・並製・96頁
  • 2002年 1月発売

  • 「笑いすぎたら、一つのきんたまが上にあがってしまいました」笑って、泣いて、癒される子どもたちからの魔法の言葉!

内容

  • ●「家族の思いやり、ぬくもりを伝えたい」「子どもの表現の豊かさ、発想の自由さに学びたい」そんな思いからこの本は生まれました。
  • ●子どもたちのちょっと恥ずかしい裏話を先生がコメントする「はみ出しコーナー」が涙と笑いを誘います。
  • ●癒し系のかわいい仔犬や仔猫の写真満載
  • ●赤色に白いパンツのポップなカバー、プレゼント本にもピッタリ
  • ●現在、学校でも情操教育の一環として、子どもの詩が使われています。