出版案内

光のエチュード 279秒の魔法

光のエチュード

279秒の魔法

  • ISBN978-4-89610-759-3 C0093
  • 渡邉隆文著
  • リブロアルテ発行
  • 四六判・上製・256頁
  • 2010年 1月20日発売

  • ショパン生誕200年記念の2010年。ピアノの詩人が愛した名曲の旋律が甦る。なぜこの曲は心に響くのだろう。279秒の魔法とは・・・。1990年ショパン・コンクール最高位ケヴィン・ケナー氏「別れの曲」(Etude Op.10-3)初リリースCD付き。

目次

  • 第一楽章「別れの曲」
  • 第二楽章「現代の詩人」
  • 第三楽章「無条件の信認」
  • 第四楽章「神聖な約束」
  • 第五楽章「遺言(父の手紙)」
  • エピローグ

著者プロフィール

  • 渡邉隆文(わたなべ たかふみ)
    1958年大阪府豊中市生まれ。1984年慶応義塾大学商学部卒業。
    インターネットカフェ、飲食店などの複数のビジネスを展開する「りあるコミュニティ株式会社」代表取締役。川崎東ライオンズクラブPR委員長、日本頭脳スポーツ協会理事などを務め、青少年の育成活動を行う。今世紀になって1000冊以上の書籍を読み、自身の半世紀にわたる経験を重ねて、次世代へのメッセージとして『光のエチュード』を執筆。ショパン生誕200年記念の2010年にケヴィン・ケナー氏に初リリースの『Etude Op.10-3』を託される。
  • Kevin Kenner(ケヴィン ケナー)
    1963年5月19日、米国カリフォルニア州コロネードに生まれる。1990年に世界最高峰である「ショパン国際ピアノコンクール」(第12回)において最高位とポロネーズ賞を獲得し、音楽界の注目を集める。演奏活動は米国、カナダ、ヨーロッパ主要都市と世界各国に広がり、近年は日本にも毎年来日している。第16回ショパン・コンクールでは審査員も務める予定。現在ロンドンに在住。