出版案内

農業・農村で幸せになろうよ 農都共生に向けて

農業・農村で幸せになろうよ

農都共生に向けて

  • ISBN978-4-89610-812-5 C0061
  • 林 美香子
  • 安曇出版
  • 四六判・並製・192頁
  • 2014年 2月28日発売

  •  

内容

  • 農村と都市の共生を目指す活動家・林美香子氏と、農業・農村・地域づくりのフロントランナーたちとの対談。最初は、平成26年、日本農業賞「食の架け橋の部」で大賞を受賞した、「えがおつなげて」の曽根原久司氏。農村資源を活用すれば10兆円市場も可能という。ほか、都市農業の先駆者・白石氏、地域のストーリーでホテルを展開する経営者・大西氏、「フードバレーとかち」を掲げる米沢帯広市長、農林中央金庫代表理事理事長・河野氏など。
  • 成熟社会を迎えた今、農業は「成長戦略」に位置づけられ、地域活性化はどの自治体でも急務となっている。しかし、真に目指すべき施策とは、幸せを感じることのできる、都市と農村の共生・交流である。「物の豊かさ」と「心の豊かさ」どちらを求めるか、農村と都市の共生で実現できる新しい生き方を対談で示します!