出版案内

書店実務手帳 2006年版

書店実務手帳 2006年版

  • メディアパル発行
  • サイズ 150×85mm
  • 2005年11月 4日発売

内容

  • 株式会社メディアパルはこのたび『書店実務手帳 2006年版』(150mm×85mm・頒価650円〔本体619円〕)を発売した。
  • 同手帳は週間・月間の見開き予定表と併せ、書店の販売実務に役立つ情報や資料をコンパクトにまとめ、盛り込んでいる。
  • 2006年版は、手帳の切り替え時期に合わせ、例年より発売を1ヶ月早めた。スケジュール欄も11月から3月まで使用できるようになっている。また、昨年実施したアンケートに基づき、好評だった箇所をより書店実務に即した形に改善。「別冊イヤーブック」「雑誌の発売日一覧」「資格試験」等ニーズの高い項目も拡充し、より利便性を高めている。
  • 別冊イヤーブックは、従来の売上実績管理表を、書店のジャンルに合わせて記入できるように改めた。これにより、店員自ら担当ジャンルの数字を管理することができる。
  • また、毎年好評を得ているのが、本の流通経路や書籍・雑誌・マルチメディアの市況の最新データを収録した「出版販売の基礎知識」で、昨今の出版市場を一目で認識できる。
  • この他に、発注業務に適応する「出版社名簿」(約1000社)や日々の業務に必要な「常備寄託品返却月・スリップ報奨券締切月一覧」といった資料から、「書店の経営指標」「展示冊数算出表」「各種団体名簿」まで書店業務に即使える情報を幅広く収載。
  • さらに見開き仕様の月間予定表には、年間の販売データに基づいた行事や催事の提案やセールスガイド、文学賞に加え、毎年好評の、販売金額の季節性を示す季節指数も最新版に更新され、月々の販売計画に役立つ実務情報を掲載している。
  • トーハンでは、『業界の基礎数字や必携資料がコンパクトにまとまっているので、書店の店長クラスから新人社員まで幅広く活用できる。社員一括採用等の需要も多く、また、出版社の営業担当者や関連業界の方にもぜひ利用してほしい。』としている。